« 世界の美女 Angelina Jolie | トップページ | 雇用対策と暗黒の日本 »

2010年2月28日

アメリカがトヨタをたたく理由

ここに面白いビデオがあります。

どこの国でも、労働組合と政治の暗黒がある。

つまり、人の不幸の上に己の幸福を築く、理想建設国家を目指している。

しかし、その思想は理想でしかないのです。

民主党と労組の関係を放置すれば、国は地に落ちてしまいます。

本当の意味で底辺の人々を救う事はできないのですよ。

救うのは、あくまで労組のみの、ノアの箱舟なのです。

国内企業を過剰なほどに保護し、海外企業を窮地に追いやる。

まさに、国内企業の労組を保護する政党であります。

それでは国として、国際競争に勝てなくなり、結果的に国を窮地に追いやることになる。

アメリカは自国企業を窮地に追いやっただけに過ぎません。

そのことに、アメリカ国民は早く、気がつくべきです。

これは同じく日本国民にも言えることでしょう。

アメリカの車は世界で窮地に追いやられる。

逆に日本車は世界で脚光を浴びる。

やはり日本はアジア重視で進むべきでしょう。

« 世界の美女 Angelina Jolie | トップページ | 雇用対策と暗黒の日本 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284170/33563322

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカがトヨタをたたく理由:

« 世界の美女 Angelina Jolie | トップページ | 雇用対策と暗黒の日本 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ