« 英国の美少女、ベッキー・クルーエルちゃんの彼氏説について | トップページ | やまとなでしこ七変化の大政絢 »

2010年2月14日

日本人のDNAと日本人のルーツ (46)

今日は少しだけお話します。

まず弥生人の歯の大きさと縄文人の歯の大きさの違い。

弥生人の歯は大きく、縄文人の歯は小さかった。

実は、この歯の大きさはルーツを探る上において重要なヒントになる。

祖先は何処に住んでいたのか?

内陸へ行くほど、歯は小さい傾向になり、海岸沿いへ行くほど歯は大きくなる。

人間の歯は環境により変化するんですよ。

つまりですね、縄文人のルーツは中国の内陸部もしくは山岳部だと思われます。

まぁ、シベリアが一番の候補地ですが。。シベリアも内陸ですよね。

日本には貝塚が有りますが、縄文人は貝を食べてなかったんですよ。もっぱら、木の実などを好んで食べていたんです。

それって内陸に住んでいた民族の名残だと思うんですよ。

つづいて、弥生人は中国の内陸部では無く、海岸沿いに長く、住んでいた可能性が大きいと思われます。

少なくとも、縄文人よりも長く、海岸沿いに住んでいた形跡が歯の大きさで分かります。

ただ、弥生人が内陸に住んでいた時期も有ったかも知れないが、長きに渡って住んでいたのは中国の海岸沿いだと思われます。

古代蘇州人のミトコンドリアDNAが弥生人のミトコンドリアDNAと一致している事から、内陸では無い事も分かっています。

ところが、弥生人が持ってきた稲のDNAは中国中南部のもので有ることも分かっている。

ここが少し矛盾していますし、ナゾなんです。故郷は内陸では無いが持ち帰った稲は内陸のものであること。。

これは私の想像ですが、弥生人の祖先は何度も何度も大陸を移動している。

おそらく長く暮らしていたのは、蘇州の海岸沿いだと思われます。

その後、雲南省もしくは四川省まで移動している。そこから稲を日本に持ち帰った。

そして雲南省に住んでいた弥生人は戦いに破れ、元々生まれ故郷の蘇州まで移動する。

しかし、秦の始皇帝の圧力は蘇州にまで及んでいた。

そして蘇州から朝鮮半島へ移動する。もちろん、日本へも。。。

あのねぇ、中国で暮らしていた人なら分かると思いますが、蘇州人は日本人に顔が似ていますよ。。マジで。。

そこも非常に興味深いです。

« 英国の美少女、ベッキー・クルーエルちゃんの彼氏説について | トップページ | やまとなでしこ七変化の大政絢 »

日本人のDNAと日本人のルーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284170/33380162

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人のDNAと日本人のルーツ (46):

« 英国の美少女、ベッキー・クルーエルちゃんの彼氏説について | トップページ | やまとなでしこ七変化の大政絢 »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ