« 中国におけるアメリカ人と日本人の違い | トップページ | 国民的美少女6人、美しい振り袖姿! »

2009年12月18日

日本人のDNAと日本人のルーツ (31)

日本の古代文献に先住民の名が多く記されている。

その圧倒多数が。。ツチグモ(ツチクモ)

常陸國風土記には都知久母(ツチクモ)と記されている。

また、古事記においては土具毛(ツチグモ)

日本書紀には、土蜘蛛と記されている。

これらの原住民は、九州から本州にかけて住んでいた。

古代日本における、天皇への恭順を表明しない土着の豪傑である。

一般に土蜘蛛は、背が低く、手足が長く、洞穴で生活していたといわれる。

つまり、縄文人です。。キッパリ。。竪穴式住居に住んでいたのは縄文人しかいません。

つまり、天皇家は弥生勢力だった。。そして反抗勢力は縄文人だった。

古代文献にもあるように、弥生人と縄文人の勢力争いは存在していた。

肥前國風土記には、土蜘蛛とは隼人に似た民族で有った事も記されています。

日本神話の熊襲と隼人は同一民族である説が有力視されています。

その隼人と土蜘蛛が似ていると、肥前國風土記に書かれていると言うことは、縄文人の民族呼称で有ったと思われます。

縄文の大きな勢力が九州に有った可能性が大きいと思われます。

それは現在の九州の人のDNAの中にも生きている。

数千年の時が流れ、九州から西郷隆盛と言う豪傑が誕生し、倒幕へ向かう。

そして、中央政府である江戸幕府を地方勢力が倒す。

いわば、九州は中央政府に反抗し、戦い続ける歴史で有った様な。。

徳川家康も島津を倒す事ができなかった歴史を見てもそうですよね。

なんか。。歴史のロマンを感じます。

« 中国におけるアメリカ人と日本人の違い | トップページ | 国民的美少女6人、美しい振り袖姿! »

日本人のDNAと日本人のルーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284170/32652979

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人のDNAと日本人のルーツ (31):

« 中国におけるアメリカ人と日本人の違い | トップページ | 国民的美少女6人、美しい振り袖姿! »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ